文字サイズ
標準
拡大
色合い
標準

ホーム > 部門紹介 > 地域医療連携センター

ここから本文です。

更新日:2018年8月17日

地域医療連携センター

地域医療連携センターでは、以下の業務を行っています。

  • 地域の医療機関との機能分担により、質の高い医療を効率的に提供するため、紹介患者の診察予約、高度医療機器の検査予約及び他医療機関との連絡調整を行うこと。
  • 患者及びその家族が安心して医療を受けられるよう、医療福祉相談を行うこと。
  • 医師による診断結果を効率的に提供するため、特殊健康診断、医学的診断報告書等に関わる受付業務を行うこと。
  • 脳に係る疾病の早期発見及び早期治療を可能にするため、脳ドックに係る受付業務を行うこと。

当院は、平成29年8月29日に「地域医療支援病院」に承認され、地域医療連携を推進しています。
平成30年4月1日からは、事務部の「医事課地域連携室」と看護部の「訪問看護室」および「退院支援室」を統合し、新たに「地域医療連携センター」を設置しました。
地域医療連携センターには、「地域医療連携室」と「患者サポート室」があります。主な業務として、地域医療連携室では、地域の医療機関や介護施設との連携、患者さんへの退院・在宅支援などを行い、患者サポート室では、患者さんからの医療や介護・福祉制度に関する相談、他の医療機関からの紹介への対応、健康診断・脳ドックの受付などを行っています。なお、地域医療連携室は、平成30年8月に新しく完成した救急外来南側の建物で業務を行っています。
患者さんが住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けることができるよう、当院は他の医療機関と連携して地域完結型医療・介護体制の構築を推進し、地域の皆様に最適なサービスを提供します。