看護採用 > 安心の教育・研修 > 成長できる教育体制

ここから本文です。

更新日:2020年8月12日

成長できる教育体制

看護部の理念

看護部職員は病院の理念、職員宣言を基盤として、一人ひとりを大切にした看護を提供します。 

教育目的

理念にそって地域住民から信頼され、自ら学べる職員の育成をめざす。

教育の目標

● 中央病院職員としての自覚をもち、その責任と役割が遂行できる能力を養う。

● 医療チームの一員としての役割を認識し、円滑な人間関係を保つことができる能力を養う。

● 専門職業人として自己啓発でき、対象に応じた看護が提供できる能力を養う。

● 後輩や学生に教育的かかわりのできる能力を養う。

● 看護を研究的視点でとらえ、根拠ある看護が提供できる能力を養う。

 

 kyouikutaiseizu

● 教育体系概念図(PDF:74KB)

教育の到達目標

看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)のレベルごとの定義に添い看護の核となる実践能力をレベルI~Vに分類した。

看護師(助産師含む)

● レベルI 基本的な看護手順に従い必要に応じて助言を得て看護を実践する
<卒後1年>

● レベルII 標準的な看護計画に基づき自立して看護を実践する
<卒後2年~3年>

● レベルIII ケアを受け手に合う個別的な看護を実践する
<卒後4年~9年>

● レベルIV 幅広い視野で予測的判断を持ち看護を実践する
<卒後10年以上>

● レベルV より複雑な状況において、ケアの受け手にとって最適な手段を選択しQOLを高めるための
看護を実践する
<主査>

 

>>看護師段階別到達目標を見る(PDF)

看護補助者

 看護師、准看護師の指示のもとに、患者の療養上の世話の一部と、業務の補助を行なうために必要な知識と能力を養う。

新人研修

市役所主催研修

4月に7日間

看護部主催集合研修

4月:オリエンテーション
4月:静脈注射教育 ステップ1
4月:急変時の対応 
5月:静脈注射教育 ステップ2
5月:ME機器の取扱い
9月:静脈注射教育 ステップ3-A
10月:リスク(KYT)
6月、9月、3月:ふり返り研修

病棟単位

各職場の特殊性を踏まえた新人教育プログラムを持ち、年間目標に沿って知識、技術、態度を習得。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。