看護採用 > 富士市立中央病院の看護を知る > 病棟をのぞく

ここから本文です。

更新日:2019年9月2日

病棟をのぞく

 

看護部長室

看護部長室

看護部長室には、副院長兼看護部長と2名の副看護部長、3名の看護補助者、合計6名がいます。スムーズな看護部運営を目的に、看護長との連携を図り意欲的に活動しています。看護部長室で一番心がけていることは、看護部長室を訪れてくれたすべての方々に快く対応することと活気ある雰囲気づくりです。活気ある看護部長室の雰囲気は、より良い看護部運営につながり、現場での質の高い看護実践につながっていると思います。
看護師が健康で安心して楽しく働ける職場環境の整備と看護の質向上に努め、地域への貢献を推進していきたいと思います。

外来

外来

当院は、内科・外科を含め22科の外来があります。患者さんやご家族が安心して受診できるように、81名の看護師と、47名の医療補助員で対応しています。また、救急外来では、地域の2次・3次救急を支えるため、24時間体制で受け入れています。そして、緊急で行う心臓カテーテルや内視鏡検査に対応できる看護師を育成しています。平成25年度より、女性専用の外来も開設しています。女性外来は外科(乳腺疾患)、泌尿器科(排尿障害)、婦人科(不妊症)の3科があり、女性のみの診察となっております。お気軽にご相談ください。

手術室

手術室

手術室は12科の手術を年間3700件以上実施しています。2交代勤務を行い、夜間の緊急手術を受け入れています。スタッフは看護長・日本看護協会手術看護認定看護師をはじめ31名おり、患者さんが安全に手術を受けられるように、術前・術後訪問を行っています。手術看護の知識・技術を習得する為の勉強会やシミュレーションなどを行ない、医療チームの一員として専門性を発揮するよう努めています。

集中治療室

集中治療室

集中治療室は、24時間診療科を問わず重篤な患者さんを受け入れています。私たち看護師は、高度な医療に対応でき、患者さんに寄り添った看護の実践を病棟理念とし、安全・安心な看護を提供するために日々知識・技術の向上に努めています。集中ケア認定看護師1名、看護師22名、看護補助者1名の仲間でコミュニケーションを密にとり活気あるフレッシュな病棟です。

3B病棟

3B病棟

3B病棟は、脳神経外科・泌尿器科の混合病棟です。今年の病棟目標は「地域との連携を深め、患者・家族が安心して療養生活を送れるよう支援する」です。医療スタッフ間で協働して、患者さんが今ある機能を十分に発揮し希望をもって生活できるよう、安全な医療、思いに沿った看護、退院調整を行っています。男性看護師は6名で、活気のある病棟です。忙しさの中にやりがい感のある私たちの病棟で、一緒に働きませんか?

3C病棟

3C病棟

3C病棟は、整形外科・形成外科・眼科・皮膚科、52床の混合病棟です。病室は、車椅子生活に適した生活空間の配慮がされています。私たちは患者さんと共にケアの方法を考え、一人ひとりに合った看護を目指しています。また、医療スタッフが協働して、早期退院のために地域のリハビリ病院と連携をとっています。富士山に見守られ、気持ちも明るく笑顔で対応するよう心掛けて参ります。

4A病棟

4A病棟

4A病棟は、産科単科の病棟です。小児科と連携し、他院からの紹介患者さんやハイリスク妊婦さんを受け入れています。分娩や育児指導など、忙しい毎日を送っていますが、感動的な出産の場面や元気な赤ちゃんの泣き声に癒されています。パパやママにおいては、できる限り育児に対する不安がなくなるよう、地域とも連携して関わっています。昔からの変わらない命のつながりの手助けをしています。

4B病棟

4B病棟

4B病棟は、新生児から15歳までの小児科・外科・耳鼻咽喉科・整形外科などさまざまな科の小児が入院しています。医療スタッフは、病棟理念である「私たちは、一人ひとり丁寧な対応を心掛け、コミュニケーションを大切にした医療・看護を提供します」に基づいて、患児や家族が安心して入院生活を送ることができるよう対応しています。

5A病棟

5A病棟

5A病棟は、耳鼻咽喉科・歯科口腔外科・婦人科・内科・整形外科の混合病棟です。スタッフ間で協力し、安全な看護ができるよう努めています。また、常に明るく、患者さんが入院して良かったと思えるような関わりを心がけています。一人ひとりを尊重し、寄り添った看護を提供するために、現在、患者さん・ご家族とともに考える患者参加型看護計画を進めています。身体の状態や、今困っていること、退院に向けてどうしたいのかを一緒に考えていきましょう。

5B病棟

5B病棟

5B病棟は、主に消化器疾患の手術の方や内視鏡検査や治療の方が入院されます。病床数は56床、医師11名、看護師34名、臨時看護師1名、医療補助員5名で構成されています。私達は安心な療養環境の調整と患者・家族の思いを大切にした医療と看護を提供したいと考えています。優しい眼差しでわかりやすい説明など患者さんの視点での対応に努力していきます。

6A病棟

6A病棟

6A病棟は、ベッド数50床の内科病棟です。主に、血液疾患、代謝・内分泌系疾患の方が入院されている病棟です。血液系疾患治療の為、無菌室2床が設置されており、化学療法とその看護に対応しています。医師6名、看護師35名、医療補助員4名、総勢45名で構成しています。今年度は「多職種と協働し、個々を尊重した医療を提供する」を目標に、患者・家族の思いに寄り添い、6A病棟に入院して良かったと思われる看護を実践していきます。

6B病棟

6B病棟

6B病棟は、腎臓・呼吸器系疾患の方が入院されている病棟です。
病床数は56床で、腎臓内科医4名、呼吸器内科医2名、看護師35名、医療補助員5名で構成されています。
病棟理念である「専門的知識、技術を習得し患者その人を大切にした医療・看護を行う」に基づいて、安全で安心できる入院生活が送れるように、日々笑顔で看護ケアに取り組んでいます。

7A病棟

7A病棟

7A病棟は、循環器内科・心臓血管外科42床と結核病床10床の病棟です。病棟理念である「患者・家族の思いを素直に受け止め、専門的知識・技術を持って、笑顔とやさしさで心のこもったあたたかい医療を提供する」を目標として、医師7名・看護師31名・医療補助員5名の職員が元気に笑顔で働いています。24時間心電図を観察し、異常波形の有無に注意を払い、患者さんが安心・安全な入院生活を過ごせるような看護を提供しています。

7B病棟

7B病棟

7B病棟は、病床数53床の消化器内科病棟です。スタッフは、消化器内科医師7名、看護師36名、看護補助員5名で構成されています。「患者さん家族の気持ちに寄り添い、きめ細やかな対応で、最善の医療を提供する」という病棟理念に基づき、安心・安全な入院生活が送れるよう“やさしさ”と”日々笑顔”でチームワークを売りによりよい医療を提供しています。