文字サイズ
標準
拡大
色合い
標準

ホーム > 部門紹介 > 看護部 > 病棟案内 > 4A病棟 > お産のページ

ここから本文です。

更新日:2019年1月17日

お産のページ

お産に対する考え方

カンガルーケア

 

当院は、富士市で唯一ハイリスク妊娠や救急搬送を受け入れる地域周産期母子医療センターとしての
役割を担っています。

私たちは「自然分娩」がお母さんにとっても赤ちゃんにとっても一番よい方法であると考えてます。

しかし、病気を合併していたり、妊娠中から異常があったり、お産の途中でお母さんや赤ちゃんに危険がせまり「自然分娩」ができない人もいます。
リスクの高い産婦さんには医療行為が必要になってくる場合も多く、小児科医師をはじめ様々な科の医師と連携をとりながら対応しています。
どの産婦さんに対しても、基本の「自然分娩」を大事にしつつ母児の安全を守る最大の努力をしています。

※当院は無痛分娩は行っていません。

バースプラン

出産後の風景

お産をする一人ひとりの気持ちを大切に考えるために、バースプランを取り入れています。

バースプランは、お産をする本人のための計画です。
お産のイメージを持つために、大切な赤ちゃんの誕生をどのように迎えたいのかを、バースプランに記入して入院時にお出し下さい。
(バースプランは、外来助産ケアルームにて後期保健指導の時にお渡ししています。)

満足のいくお産を経験して頂けるように、普通分娩の方も帝王切開の方もバースプランに沿ったお産のお手伝いをさせて頂いています。

赤ちゃんの処置

赤ちゃんの沐浴

また、出産後の育児の希望についてもバースプランでお聞きしています。

お産中の面会について

陣痛室

陣痛室

陣痛室への入室は、構造上処置室や分娩室が隣接しており個室ではないため、ご家族でも自由に出入りができません。
面会をご希望の方は、ナースセンターに声をかけてから、入室するようお願いいたします。
また一度陣痛室から退室した場合も、再度入室したい時には声をかけて下さい。
陣痛室には、一人ずつお入りいただけます。

何人かが面会(付き添い)をしたい場合は、一人ずつ交代でお願いいたします。
※お子さんの、陣痛室への入室はできません。

分娩室

分娩室

分娩室は、立ち会い許可のあるご主人だけお入りいただけます。
それ以外のご家族や、立ち会い許可のないご主人は分娩中はホールでお待ち下さい。
分娩後、母児とも着替えをすませた後は、ご家族全員(お子さんも)入室して頂いて約1時間~1時間半程度分娩室内で面会できます。