文字サイズ
標準
拡大
色合い
標準

ホーム > 部門紹介 > 診療技術部(薬剤科、臨床検査科、リハビリテーション科、中央放射線科、栄養科、臨床工学科、医療技術科) > 臨床工学科 > 臨床工学技士について

ここから本文です。

更新日:2019年4月24日

臨床工学技士について

臨床工学技士は1987年にできた国家資格です。
臨床工学技士の業務は、主に、(医師の指示の下に生命維持管理装置の操作及び保守点検を行うことを業とする者をいう)とされています。「生命維持管理装置」とは何か?例え方が悪いかもしれませんが“この装置がないと生きていられない機器”をさします。「血液浄化装置」、「人工心肺装置」、「人工呼吸器」などが代表的な機器です。
臨床工学科は8名で、ぞれぞれの専門性を考慮し、次の4つの業務を担当制で行っています。

  • 血液浄化関連業務
  • 手術室業務
  • 病棟医療機器関連業務
  • 循環器部門業務

担当制ではありますが、各人がどの業務に関しても“通常の業務”はできるように協力し合っています。