文字サイズ
標準
拡大
色合い
標準

ホーム > 臨床研修センター > 研修プログラム

ここから本文です。

更新日:2018年5月1日

研修プログラム

初期臨床研修プログラムの特徴

二次救急を担う地域の基幹病院であることから、救急外来を含めた多様な症例の経験が可能です。
研修プログラムは十分なヒアリングを行った上で、将来の進路も考慮しながら研修医一人ひとりの希望を最大限とり入れたオーダーメイドなプログラムです。

臨床研修の目標

医師としての責任感と使命感を養うとともに、人格を涵養し、将来の専門性に関わらず、医学・医療の持つ社会的役割を認識し、日常診療で頻繁に遭遇する負傷や疾病に適切に対応できるよう、プライマリ・ケアの基本的な診療能力(態度・技能・知識)を身に付けることを目標とします。
そのため、全研修期間を通じて「医療人として必要な基本姿勢・地度を習得すること」を行動目標とし、さらに各研修科目における具体的な一般目標及び経験目標を掲げています。

臨床研修の実施施設

基幹型病院

富士市立中央病院

協力型病院

公益財団法人復康会 鷹岡病院

協力施設

医療法人社団秀峰会 川村病院
医療法人社団青葉会 小松クリニック
トータルファミリーケア 北西医院
医療法人社団英志会 富士整形外科病院
介護老人保健施設 ひろみ

静岡県富士健康福祉センター 富士保健所

研修プログラム

研修プログラム

研修プログラムの実例

研修プログラムの実例

指導医紹介

25の診療科で大学から派遣された経験豊富な指導医が常勤し、数多くの手技を体験することができます。
何より指導熱心な上級医が、他科に研修に出ていても参考となる症例があると声をかけ、勉強の機会を与えてくれる風土があります。