文字サイズ
標準
拡大
色合い
標準

ホーム > 当院のご案内 > 当院の取り組み > 新型コロナウイルス感染症に対する取り組み > 手術前抗原定量検査の実施について

ここから本文です。

更新日:2020年11月1日

手術前抗原定量検査の実施について

新型コロナウイルス感染予防対策として、令和2年11月1日から唾液による抗原定量検査を受けてから、手術を受けていただくことになりました。
<手術決定から手術までの基本的な流れ>

  1. 手術決定後、手術の同意書にサインします。
  2. 医師・スタッフから、抗原定量検査について説明を受けてください。
  3. 手術予定日1週間以内に、検体(唾液)を2階臨床検査科窓口に持って来てください。(代理人が持参でも可能です。)
    ※唾液が取れなかった方は、受診している外来窓口にお知らせください。
    なお、入院当日の手術の場合、土、日曜日、祝祭日は受け付けておりません。
    受付時間 平日8時30分~15時
  4. 入院
  5. 手術実施
    ※検査の結果抗原陽性の場合は、手術が延期になります。
    ※乳幼児など唾液を取ることができないと医師が判断した場合は、胸部CT等の撮影をして手術を実施します。

令和2年11月1日
富士市立中央病院 手術管理科

お問い合わせ

所属課室:病院総務課施設物品担当

内線:2220