文字サイズ
標準
拡大
色合い
標準

ホーム > 部門紹介 > 診療技術部(薬剤科、臨床検査科、リハビリテーション科、中央放射線科、栄養科、臨床工学科、医療技術科) > 中央放射線科 > 結石破砕治療

ここから本文です。

更新日:2019年5月7日

結石破砕治療

体外衝撃波結石破砕装置(ESWL)

結石破砕装置

平成31年1月に最新の体外式衝撃波結石破砕装置(ストルツメディカル社SLC-F2 connect)を導入しました。この装置は、治療ヘッド(衝撃波発生装置)から発生させた衝撃波を一点に集束させて、腎や尿
管の結石を破砕する装置です。

装置の特徴

  • 治療ヘッドの改良により、体の大きな患者さんも治療できるようになり、治療中の疼痛が少なくなりました。
  • インライン方式(Ⅹ線画像の撮影方向と、衝撃波の発生方向が一致する方式)の採用により、画像で確認している範囲以外の他の臓器や筋肉を傷つけることが少なくなりました。
  • フラットパネルディテクター(生体を透過したⅩ線からデジタル画像を得る検出器)の搭載により、以前より広い範囲を確認でき画質も向上したため、前回の治療で結石が移動した場合などでも確認が容易で円滑に治療ができるようになりました。

治療前後の画像