文字サイズ
標準
拡大
色合い
標準

ホーム > 部門紹介 > 診療部 > 整形外科

ここから本文です。

更新日:2019年4月16日

整形外科

在籍医師

  • 部長:加藤 努(かとう つとむ)
    (専門分野)
    整形外科一般
    股関節
    (資格)
    日本整形外科学会専門医
    日整会認定運動器リハビリテーション医
    日本整形外科学会認定スポーツ医
  • 副部長:三橋 真(みつはし まこと)
    (専門分野)
    整形外科一般
    手の外科
    (資格)
    日本整形外科学会専門医
  • 医員:原田 直毅(はらだ なおき)
    (専門分野)
    整形外科一般
  • 医員:船井 充(ふない みつる)
    (専門分野)
    整形外科一般
  • 専任医師:木原 匠(きはら たくみ)
    (専門分野)
    整形外科一般
  • 専任医師:宮嶋 寛武(みやじま ひろたけ)
    (専門分野)
    整形外科一般

外来担当医表(整形外科)

診療内容

紹介

当院では、転倒や交通事故による四肢の骨折と多発外傷、高齢者の大腿骨頚部骨折などの救急診療、治療と、変形性股関節症や変形性膝関節症、脊椎疾患などの慢性疾患に対する一般診療を行っております。
高齢者の骨折手術では長期的なリハビリが必要であり、医療ソーシャルワーカー(Medical Social Worker)や地域連携病院との連携を図り、長期的なリハビリが行えるように調整してまいります。慢性疾患での人工関節手術では、積極的なリハビリ介入を行い、早期自宅退院を目指しております。そして、頚髄症、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニアなどの脊椎疾患に対しては積極的な保存療法を行い、手術療法が必要な場合は、適切な時期に専門病院への紹介を行っております。その他、膝半月板損傷などに対する関節鏡手術も行っております。

リハビリテーションについて(リハビリテーション科)

実績

  延入院患者数 延外来患者数 手術件数 救急患者数
平成29年度 16,380人 12,331人 547件 756人
平成28年度 19,152人 12,289人 595件 811人

その他

変形性股関節症

加齢などにより股関節に変形をきたし、股関節の痛みや動きの制限をきたすものとして変形性股関節症があります。変形性股関節症には、先天性股関節脱臼の治療歴のある人や股関節の受け皿が浅い人(臼蓋形成不全)などに生じる二次性と、正常の股関節に生じる一次性とがありますが、わが国では二次性によるものが圧倒的に多くなっております。
当院では、以前より関節疾患の手術を多く行っており、手術・保存療法について多くの経験を持っております。保存療法としては、股関節周囲筋力訓練を主体としたリハビリ訓練も行っております。また、強力な鎮痛薬の登場により保存療法の幅も広がっており、患者さんのニーズに応えられるように日々の診療で調整してまいります。様々な保存療法でも除通が得られない場合には手術療法を行っております。手術療法には、病期の進行状態により人工関節置換術・寛骨臼回転骨切り術・股関節鏡手術などを選択します。

  • 人工股関節置換術は、変形した股関節に金属製の人工臼蓋と人工骨頭を入れる手術であり、痛みや関節の動きの改善が期待できます。詳しくは、「股関節手術について」をご覧ください。

股関節手術について

  • 臼蓋回転骨切り術は、骨盤の関節面を半球状に骨切りし、外側に回すことで股関節の受け皿を作る手術です。これは日本人に多い臼蓋形成不全症に対する手術療法であり、股関節の明らかな変形が生じる前に施行されれば、良好な股関節機能を永続的に保つことも可能です。
  • 股関節鏡手術は、小さなカメラを関節の中に入れて、そのカメラの映像を見ながら関節の中の疾患を治す侵襲が少ない手術方法です。現在の関節鏡手術は膝や肩を中心に発展しており、それが股関節に応用されております。数か所の小さな傷から原因となる部分の骨を削ったり、関節唇を縫合したりすることにより最小限の侵襲で効果的に症状を軽減させることが可能です。

人工股関節置術

人工股関節置術

臼蓋回転骨切り術

臼蓋回転骨切り術

変形性膝関節症

変形性膝関節症は、加齢や骨粗鬆症、外傷を原因とする疾患であり、膝の痛みや動きが悪くなります。「正座ができない」や「歩き始めの痛み」がはじめの症状で、次第に悪化し、膝全体の腫脹、関節内水腫を伴います。

投薬や関節内注射、そしてリハビリ訓練などの保存的治療を行いますが、症状が改善しない場合には、関節鏡や骨切り術、人工膝関節置換術など症状・病態などにより手術療法を選択していきます。

人工膝関節置換術は、関節軟骨の摩耗や、関節の変形が高度な場合に行われ、膝関節の上下の骨を金属製の人工関節に入れ換える手術です。手術後は、関節可動域訓練や筋力強化訓練を含めたリハビリ訓練が行われ、より質の高い日常生活に復帰することを目標とします。

人工膝関節置換術

人工膝関節置換術